土地有効面積減る!?接道確認はしっかりと! | ライフタイムデザイン株式会社

お知らせ・ブログ

NEWS & BLOG

土地有効面積減る!?接道確認はしっかりと!

2020.7.10

土地有効面積減る!?接道確認はしっかりと!

皆さん、ご存じでしたか?

家を建てる際、土地(敷地)と前面道路との接道義務!

土地探しの際には下記点にも気をつけて土地探しをしていただければと思います!


接道義務とは、敷地の間口が2m以上、前面道路(建築基準法上の道路)に接道していなければならないというもの。


道があっても道路認定の受けていない道(建築基準法上の道路でない)という可能性も十分にありますので確認が必要です!


また、ここに誰のどんな建物を建てるかを申請する(建築確認申請時)際にも道路認定がきっちりされているか確認されます。


もし道路認定がない道路の場合は、建築確認申請の許可が下りてこない(建築出来ない)、住宅ローンの審査が通らないといったことにもなりかねません。

なぜか?

それは土砂災害や火災、地震等の緊急時には車両の行き来や人の行き来が必要になってくるからです!


また前面道路の条件として、道幅4m以上の道路であることも条件の一つです。


4m以下の狭い道路だと緊急時に緊急車両等が通れないといったことが出てきかねません。


もし4m以下の土地であれば、道路中心部より自分の敷地の一部を道路扱いに(セットバック)すれば建築が可能となります。ただし、敷地としての有効面積が少なくなります。


このセットバック部分には建築物は建てられません。

最近の分譲地では前面道路を5~6mに設定して道路を作っているケースが多いです!

もし分譲地以外の土地探しをするようであれば、こういった点にも注意して土地探しをしましょう!

淡路島島内において、建築確認申請が不要な地域があるので、その地域内で家をされる場合はこういった条件は不要となります。(建築確認不要地域:五色、一宮地区)


弊社では土地探しから敷地調査まで行っておりますので、土地に関するご相談もお気軽にご相談下さい。


弊社HP(よくある質問→家づくりについて)参照:https://life-time-d.com/contact/faq/