淡路島での新築一戸建て・注文住宅はライフタイムデザイン
FOLLOW US

営業時間/10:00~18:00
(水曜日定休 ※祝日の場合は営業)

お気軽にお問い合わせください
0799-64-0750

※お電話によるお問い合わせは、現場に出て不在の場合がございます。 その際は時間を改めていただくか、フォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちら

ライフタイムデザイン(LIFE TIME DESIGN) | 淡路島のゼロキューブ・新築住宅・土地の相談

淡路島暮らしのリアル どうして淡路島に移住したの?

こんにちは!Keikoです。

今日はよく聞かれる質問「どうして淡路島に移住したの?」をお伝えしようと思います。

この質問、特に淡路にずっと住んでいる方に良く聞かれますw

ずっと住んでいるとこの素晴らしい景色やのんび~りした空気感が日常だから、都会から来るのが疑問でしょうがないみたい。

結論から言うと、淡路島を移住先に選んだのは元々好きな旅行先であったことと、

この土地との出会いだったと思います😊

畑の中に佇むお家

 

私は水辺(特に海)が大好きで、旅先にも海の綺麗なリゾートなどを好んで選んでいました。

いつかは海が見えるところに住みながら、プールサイドで昼からビール片手にのんびり過ごしたいな~と

旦那様にはちょくちょく言っていたものの、彼がリタイアしてからかなぁと思っていました。

ところが私が来年にはリタイアしたい!いや、する!となり、琵琶湖沿いのリゾート地を見に行ったら、

急に彼にエンジンが掛かり、、土地探し、物件探しに本腰を入れ出し始めました。

最初は琵琶湖沿いを探してみたものの、湖沿いは防風林が植わっているところも多く、眺望がイマイチだったり、、

マンションも琵琶湖虫の話を聞いて気持ちが萎えてしまったり。。

なかなか思い通りの所に出会えずにいたら、旦那様から「高台だったら海沿いでも良いよ?」と一言。

えーーーー!!!大好きな車が錆びるから海は絶対嫌って言うてたや~ん!!!!

今日の窓からの景色。前の畑のおじいちゃんが今が旬の新玉葱の収穫中

 

ということで海も視野に入れて、大阪近郊に通勤できる範囲で検討したところ、

何度か旅行で訪れていた淡路島がヒット!

早速不動産屋さんなどにアポ取りをして、2022年10月末に1泊2日で物件探し旅行に出ました。

土地・中古物件・新築物件・マンション・モデルルームなどスケジュール詰め込んで色々回ったけど、

海が見える土地が全然ない。。あっても少しだけ見えるとか、数十年前の朽ち果てたマンションとか。。

挙げ句に不動産屋さんに「海見える土地ですか?僕たちも探してるんですよね~」と言われる始末。。

私はもう諦めモードで海が近ければ最悪良いよと言ったけど、

彼は納得せず「そんなんじゃ淡路島に住む意味がない」とハードルを下げず。

少しだけ時間があるから、最後に一軒だけモデルルーム行ってみようかとスマホで調べて、

急遽行ったのがライフタイムデザインさんでした。

そこで井上社長にお会いして、この土地を見て即決!「買います!!」とw

そこからはトントン拍子に話しが進んで、本当に去年移住して来ちゃいました!笑

 

ここまで読んで頂き、どうもありがとうございました!

ーーーーー

ライフタイムデザイン社が建てた一軒家で移住体験をしてみませんか?🌵

『暮らすように旅をしよう』がコンセプトのサーファーズハウス

FLAG Awaj

ご予約はこちら(お部屋貸しA)

ご予約はこちら(別荘一棟貸し)

Keiko Oki

横浜生まれ、新潟育ち。一児の母。
東京・大阪ときどき海外などで暮らし、2023年に淡路島に移住。
旅と人と食(お酒も)をこよなく愛し、単身世界一周するなど訪れた国は50カ国以上。

ライフタイムデザイン社で建てたお家で2024年3月からリゾートゲストハウス・FLAG Awajiを開業。
元リクルート、大手広告代理店勤務。